違法配信サイトとして日本で初めて敵発された「第三世界」とは

違法配信サイトとして日本で初めて敵発された「第三世界」とは

2010年に改正された著作権法ですが、実はそれより前に実際に逮捕された事例があります。
それは2008年の「第三世界」の逮捕事例です。
国内でも初めてのことで、多くの人が衝撃を受けたことで記憶に残ってはいませんか?

 

「第三世界」は着うた業界の中でも超人気サイトとして有名なサイトです。
登録者数はなんと100万人を超えるほどの人気ぶりです。
着うたの数も種類も豊富で見るからに魅力的で、ユーザーからのリクエストにも応えてくれるという優れたサイトでした。
また、多くのサイトが邦楽ばかり配信している中、同サイトでは洋楽の配信を行っていたので、洋楽好きの方からも支持を受けていました。
違法配信を行っている以外は本当に素晴らしいサイトですから、もったいないなぁと思います。
せっかくのサイトも違法行為で台無しになってしまいます。

 

「第三世界」が敵発されたことによって、その他の違法着うたサイトがどんどん姿を消していきました。
「第三世界」では運営者はもちろんのこと、関係する会社の役員も逮捕されました。
いろんな方面に違法配信の罪の重さを広めたといっても良いでしょう。
「第三世界」の事例があってから、これまで堂々と活動していた違法配信サイトがレンタル掲示板などの目立たない場所に移動して運営を続けているようです。

 

今では著作権法が改正され違法配信に対する取り締まりが随分と強化されました。
以前のように違法配信サイトが大々的に生き延びることはまずないでしょう。
利用者の方には、これからの着うた生活を楽しむ上で初心に帰って「第三世界」の逮捕事例のことを思い出して頂ければと思います。